沖縄観光ガイド

沖縄の方言

日本語には、本土の方言と琉球方言に分けることが出来ます。琉球の方言ももともとは本土の方言と一緒の言葉だったようですが、奈良の時代のころに分かれたと言われています。琉球の歩源はそれから、小さな島のなかで、琉球独自の発展をしてきました。

琉球の方言には古い時代の日本語をもととしているものが多く、例えば、「いらっしゃいませ」を意味する「メンソーレ」は「参り候え(まえりそうらえ)」が変化した物だと言われています。

また、琉球の方言の中には、たとえば沖縄でつかうとんぼのように、本土では使わない言葉も多く残っているようです。本土の方言と琉球の方言はなんだかかけ離れているように見えるかと思いますが、よく比較してみるともともとは同じ言葉だったのです。

方言の禁止

明治時代に、日本本土の標準語を使用しなさいと進めた政府は沖縄の学校では方言を使うことを禁じました。方言を使った子供は、次に使う人が出るまで板で作った方言札を首からぶら下げる罰を受けていたようです。標準語を定着させようとしたこの運動は、昭和まで続いたようです。

いまでは、沖縄の方言や文化を大切にしようと考えが広がってきていますが、方言が使える人というのは次第に減ってきているようです。おじいさんやおばあさんがいる家庭ではまだまだ方言は身近で使用されていますが、そうではない家庭や学校では、方言に親しむ機会がだんだんと減ってきていると言えるでしょう。

ウチナーグチ教室

沖縄の方言の特徴は、短い母音です。母音がア、イ、ウしかないので、「エ」は「イ」に「オ」は「ウ」に発音をするのです。このことを頭においてウチナーグチを聞いてみると、本土の古い言葉がなまったように聞こえることに気づくはずでしょう。

また、イモを意味する「ンム」のように、「ン」で始まる言葉もあることもウチナーグチの一つと言えます。沖縄の方言というのは、その地域によって様々な種類があります。

内地の人にとって紛らわしいウチナーグチ

【ひざまづき】

他で言う正座のことを意味しています。神に祈るようなあの正座とは違います。

【〜しようね】

〜しようねと言われても、誘われているとは思っちゃいけません。〜するよという意味です。

【行く・来る】

これは混ぜて使われています。〜行く・来るといわれたら主語に注意しましょう。

【はく】

沖縄では、大抵のかたはTシャツを着るとは言わずに履くと表現します。気にしないで下さい。

沖縄の方言には、昔の日本語の様々な言葉や発音が残っていて、大変興味深いものがあります。だからこそ、みらいまで残るようにみんなで大切にしていきましょう!

recommend

カントリー雑貨
http://morino-okurimono.com/

2017/1/25 更新


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/fs3c8mij/ecologicalairporturbanism.com/inc/randlink.php on line 12

Warning: file_get_contents(http://10002034.lolipop.jp/random_admin/script/randlink.php): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/fs3c8mij/ecologicalairporturbanism.com/inc/randlink.php on line 12

当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼りください。

バナーが必要な方は以下のバナーをお使いください。
管理人へのリンクの許可や事前の連絡等は必要ないです。

ただし、以下のようなサイトへのリンクは、お断りしています。

■アダルトサイトなどのページや出会い系サイト
■特定の個人や団体などを誹謗中傷するようなもの
■人権侵害にあたるものや犯罪的行為を助長する内容を含むサイト
■各法令やその他公序良俗に反しているサイト 

沖縄観光ガイド リンクフリーです